破損しにくい垂れ壁で火災以外の災害も安全に

防煙垂れ壁とは

防煙垂れ壁とは

建物火災で最も恐ろしいものは「煙」による事故です。防煙垂れ壁は建築基準法で定められた防煙区画を構成する防煙壁のことで、天井から50cm以上垂れ下げた壁により、火災時に煙の流動が遮断され、避難する時間を少しでも長くすることができます。

ガラスでの被害

ガラスでの被害

災害は火災だけではありません。東日本大震災や熊本地震などの大規模地震により、人命を守る為に設置されている防煙垂れ壁のガラスが飛散し、けがをする二次災害が多発しております。

テイジンの防煙垂れ壁「かるかべ®

かるかべは割れない不燃シート製

かるかべ®は破損しにくい
不燃シート製

シートは国交省不燃認定を取得している業界トップクラスの透明度を誇る不燃シートを使用。高い透明度(透光率90%以上)に加え、帯電防止機能を付与している為、作業中の静電気やほこりの付着が起きにくく作業性が大幅に向上しました。

かるかべ®の特徴

  • 不燃

    シートは国土交通大臣認定の不燃材料を使用しております。

    燃えない
  • 軽量

    重量は従来の網入りガラスと比べ、約1/10の軽量化を実現しました。

    軽量1/10
  • 簡単施工特許取得済み

    万が一のシートの弛みやユニットの長さ調節も『テンション調整ホール』で簡単。

    現場で楽々作業
  • 特殊構造特許取得済み

    両端部に装着した『衝撃吸収バネ』で地震で建物全体(構造)と天井が別々の揺れ方をする時に発生する変位を吸収する事で、フレーム自体が落下する可能性を大幅に低減し安全性が向上。

    安心安全

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・ご相談はこちら

ラインナップ

不燃シートラインナップ

透明タイプ

透明タイプ

不透明タイプ

不透明タイプ

不燃シート物性値

特性 品名 厚み
(mm)
質量
(g/m2)
透光率
(%)
表面抵抗値
(Ω)
特 長
透 明 U-CLEAR SHEET® K 0.18 260 90以上 107 高透光率・帯電防止
半透明 CG-55 0.28 370 55 1011 帯電防止
G-1025BT 430 -

不燃認定(国土交通大臣認定)取得

※上記データは測定値であり、規格値ではありません。
※U-CLEAR SHEET® はユニチカ株式会社の登録商標です。

取り付けラインナップ

パネルタイプ

パネルタイプ

透明不燃シートとアルミフレームによって構成。万が一、運送時や作業中に強い衝撃により弛んでしまっても、『テンション調整ホール』で簡単に解消可能。また、ユニットの収まりの調節も可能。

万が一のシート弛みも
現場で追加部品なしで
調整可能。

現場での
サイズ調整も可能(サイズダウン)

パネルタイプパーツ一覧

パネルタイプパーツ一覧

パネル取り付け手順

  1. 1. 天井に上部レールを
    取り付ける。

    2. 端部レールを取り付ける。

  2. 3. パネルを上部レールに
    引っ掛けながら全数
    取り付ける。

  3. 4. パネルの取り合い部分に
    下部より中間方立を挿入
    し、パネルの隙間最終調
    整します。

  4. 5. 下部レールと上部レール
    カバーを並行して取り付
    けていきます。

  5. 6. 下穴を開けてビスで
    順次締結します。※ビス位置は施工要領書に記載

    7. 最後に養生シートを
    剥がして施工完了

テンションタイプ

テンションタイプ

両端部に装着した『衝撃吸収バネ』で地震で建物全体(構造)と天井が別々の揺れ方をする時に発生する変位を吸収する事で、フレーム自体が落下する可能性を大幅に低減し安全性が向上。

両端の内部に備えた
エキスパンション構造により、
さらに安全性が向上。

テンションタイプパーツ一覧

テンションタイプパーツ一覧

テンション取り付け手順

  1. 1. 壁・柱に端部器具 Bを
    取り付ける。

    2. 天井に上部レールを
    取り付ける。

  2. 3. 床養生の上でシートを
    カットする。

  3. 4. シートに端部器具 Aを
    取り付ける。

  4. 5. シートに吊り下げ
    クリップを取付ける。

  5. 6. 両端部器具Aをそれぞれ
    持ち、端部器具Bに
    設置する。

    7. 最後に養生シートを
    剥がして施工完了

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・ご相談はこちら

施工事例

パネルタイプ/透明シート

『南関こどもの丘保育園』様

子供たちの安心・安全の為の取り組みに努めており、地震の際に飛散する危険性のあるガラス製から安全性の高いシート製に変更しました。